友達と恋のトラブル・・・友情も恋愛も壊さない方法とは?

ハウコレ 05/19 20:10



友達と同じ人を好きになったり、片思いしていると聞いていた相手から告白されたり。恋愛にはいつもトラブルがつきもの。そこで今回は、そんな恋のトラブルに陥ってしまったときの対処法をご紹介します。

■●八方美人は× 自分の意見を統一させる

恋のトラブルで大好きな友達を失うなんてことは避けたい・・・。とはいえ、彼のことも譲りきれない・・・。

その優柔不断さは、両方との関係をダメにしかねません。

まずは、自分の意見を統一させて、矛盾が生まれないよう注意しておきましょう。友達を応援するのか、好きな気持ちを貫くのか。本音を言いにくいという理由で双方にいい顔をしていると、矛盾が発覚した際により深刻な事態を招いてしまいます。八方美人にならないよう注意しておきましょう。

■●自分の気持ちには素直に、相手へ伝えるのは慎重に

自分の気持ちをはっきりさせたら、出した答えを、どちらに、どのように伝えるかが問題となってきますよね。友情を選んだのなら、迷っている態度を見せるのはNG。彼のことも友達のことも惑わしてしまいかねませんので、自分の心に鞭打つ気持ちで、彼にはNOのメッセージを、できるだけはっきり伝えましょう。

逆に恋愛を選んだ場合は、友達にそのことを伝えなければなりません。本当に友達と思っているのであれば、「自然と伝わればいいか」と放置しないほうが得策です。素直に話すことで理解してもらえる可能性も高いので、はやい段階で素直な気持ちを打ち明けましょう。

■●言いにくいことを伝える場合は、直接が◎

最近では、大切な話であってもLINEで、という方も多いはず。しかし、顔が見えない状態で一方的にメッセージを送る行為は、あらゆる危険性を秘めています。

言葉というのは、誰もが同じように解釈できるものありません。同じメッセージを読んだとしても、人によって受け取り方はさまざま。それにくらべ、面と向かっての会話であれば、表情というサブメッセージを伝えることができます。

辛辣なメッセージであっても、伝えるときの表情が悲しそうだったり、申し訳なさそうであったりすれば、十分に心の内が伝わるはず。言いにくいことを伝えなければならない場合には、余計な誤解を生まないため...

さらに詳しく見る

その他・関連記事


Sponsored