いつまでも彼氏ができない・・・恋愛から「遠のいてしまう」NG行動

ハウコレ 08/12 17:00



なかなか彼氏ができないときは、どうしたらいいか悩んだり、このままで大丈夫かと不安になったりしたりもするはずです。

ただ、そうやって思い悩んでいる人であっても、自分の普段からの行動が、実は恋愛を遠ざけてしまっているという可能性もあります。そこで今回は、恋愛から「遠のいてしまう」NG行動を紹介します。

■1.「行動範囲」が狭すぎる

「いつも職場と自宅の往復しかしていなかった頃は、さすがに出会いはなくて。もちろん彼氏なんか、できる気配すら感じられませんよね」(24歳/女性/販売)

出会いを求めるのであれば、やはり多少は自分からも動き出さないと、なかなかチャンスにも出くわしません。会社と自宅の往復の毎日で、休日も家でゴロゴロしてばかり。それでは彼氏ができるキッカケすらないので、恋愛からはどんどんと遠ざかってしまうだけ。

仕事終わりに飲みに行ったり、休日は友人と遊びに出かけたり、少しずつでいいので行動範囲を広げることは大事です。「合コン」や「飲み会」と言ったものでなくとも、意外と出会いのきっかけはあるものですよ。

■2.「欠点」ばかりに目がいく

「いつも男性の欠点ばかりに目がいってしまい、すぐに嫌になってしまっていたので、彼氏もなかなかできませんでしたね。自分から恋を壊していた気がします」(26歳/女性/WEBデザイナー)

男性の欠点ばかりに目がいく女性は、出会いがあっても恋愛まで発展させることが難しくなってしまいます。全く欠点のない完璧な男性なんてまずいないので、欠点探しをし始めたら、相手のことを嫌いになっていってしまうばかりでしょう。

また、あら探しをしてくるような女性は、男性からは「嫌な女」に見られてしまうだけ。せっかくお互いに「いいな」と思っていても、それ以上進展することなく終わってしまうでしょう。

■3.恋愛を「後回し」にしている

「仕事が忙しすぎて、恋愛は後回しにしていたら、全く彼氏ができなくなっちゃって。仕事が落ち着いた頃には、今度はどうやって彼氏を作ったらいいのかも、よくわかんなくなってました」(28歳/女性/IT)

仕事や趣味などに打ち込むのは悪いことではないですが、恋愛をないがしろにしす...

さらに詳しく見る

その他・関連記事