「元カレを見返すためだけに自分磨きをする」その行き着く先

ハウコレ 12/01 11:00



「あんなにひどい言い方しなくてもいいじゃない。何で自分ばっかりこんな苦しい気持ちにならなきゃいけないの!こんな惨めな思いをさせてただじゃすまないんだから!」

恋の終わりは、新しい自分の始まりでもあります。大好きだった人ほど、別れた時の傷つき具合は大きくなりますが、そのぶん大きく成長するチャンスでもあります。

その瞬間は辛い思いをしても、結果的に成長できたのであれば「別れてよかったな」と思えることも多いのですが、「あいつ絶対見返してやるんだ」と言う気持ちで変わろうとすると、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあるのです。

■ブラックエンジンとホワイトエンジン

ところで人が変わろうとする時、その人にはブラックエンジンとホワイトエンジンの二種類のモチベーションが作用します。

ブラックエンジンは、モテたい・お金に持ちになりたいといった欲や見栄、危機から脱出したい・二度と同じ体験をしたくないという、恐れや不安などを動機としたモチベーションのことを指します。

一方ホワイトエンジンは、世のため人のためになるようなことがしたい、困っている人を助けてあげたいという、感謝や貢献の気持ちを動機としたモチベーションです。

それぞれの特徴として、ブラックエンジンは即効性はありますが持続性にかけます。ホワイトエンジンは即効性にかけますが持続性があります。

「あいつを見返してやりたい」と言う思いはブラックエンジンに該当します。

■ブラックエンジンの使用上の注意

ブラックエンジンは非常に強力なので、自分を変えるにはいいきっかけになります。スポーツの世界などでも「悔しい」「今度はあいつに負けない」という思いが自分を成長させることがよくあります。

しかし自分を変えようとする時、ブラックエンジン「だけ」になってしまうと、あまりいい結果にならないことが多いのです。

理由は主に2つあります。それは「次の目標がなくなってしまうから」「負の感情を出発点にしているから」という理由です。

仮に元カレを見返すために、一生懸命ダイエットをして、ネイルと化粧の勉強をし、資格も取って給料も上がったとしましょう。そこまでは素晴ら...

さらに詳しく見る

その他・関連記事